独立系フィナンシャルアドバイザー「IFA」とは?

IFAとして契約する企業の選び方

IFAとして契約する企業の選び方 IFAとして契約する企業の選ぶ時には、お客様におすすめ出来るような投資商品があるのかという事を考えて契約する企業を選択した方が良いでしょう。
折角契約してもおすすめできるようなものが無いという事になれば、意味がありません。
IFAとなれば、お客様におすすめの金融商品を紹介して売買の仲介も出来るという事になるわけですから、契約するところの選び方は大切になると言えます。
よりおすすめ出来るものが多くなれば、それだけお客様に合った助言をすることも出来るようになるわけです。
IFAは独立した存在として、中立的な立場での助言が出来るという事が大きな魅力ともなっているわけですから、自分がおすすめ出来るような金融商品を探しておく必要性もあるわけです。
そして、数ある金融商品のなかで、この顧客についてはこの金融商品、別の顧客についてはこの金融商品というように自分の考えに沿った形で様々な助言と合わせて提示することが出来ることにIFAの意義があります。

IFAの仕事はある意味では企業のチェックをしているとも考えられる

IFAの仕事はある意味では企業のチェックをしているとも考えられる IFAは投資や資産運用を検討しているお客様に中立的な立場で助言をすることをしています。
更には金融商品を紹介して売買の仲介などもしていますから、この業務はある意味では企業のチェックをしているというように考えても良いのかもしれません。
投資家に提示するということは、迂闊なモノは紹介できません。
しっかりと吟味をして顧客にとって最高の金融商品となるというものを紹介しなければならないわけですから、このIFAの責任は重大と考えていいでしょう。
当然、紹介する商品については厳重なチェックをして、それが質の良いものであるという事を確認しておく必要がある。
顧客によって最適な金融商品は異なる事になるでしょうから、こうした事は様々な金融商品で行う必要があります。
そして、そうした中でこの顧客に対してはこの金融商品というように適切に助言を含めて紹介していく事が出来るようになることで、IFAは自分の仕事をすることが出来るようになるのです。