独立系フィナンシャルアドバイザー「IFA」とは?

IFAとして働くための準備

IFAとして働くための準備 確定申告などの財務処理をアドバイスする役割をもつ独立した財務の相談相手のことをIFAと呼ばれています。完全独立であるために企業と違い動きやすいというメリットはありますが、IFAとして働く準備をしっかりとしておく必要が出てきます。
まず行っておくべきなのは証券会社が開いているIFAビジネス説明会または個別相談にて契約するうえでの下準備です。後に契約となった場合は契約書類の作成が必要で、さらにその後の書類審査に通るためにしっかりとした自身の経歴を見直していくことも非常に重要になります。
その後、金融商品仲介業登録申請書の作成となりますが、その際にIFAにふさわしいかどうかの動機や営業範囲、金融商品仲介業以外の業種の有無といったものを示していく必要があります。
カスタマーとの仲介として適切なアドバイスを提示できるための勉強をしておくことや個人で活動していくうえでのある程度の資産も必要と言えるでしょう。

金融機関から独立した状態で働く

金融機関から独立した状態で働く IFAの資格があれば、金融機関から独立した状態で資産運用などのアドバイスをすることが出来るようになります。その為、中立性を保ちながら様々な助言をすることが出来るというのが大きな魅力という事が言えるでしょう。勿論、この資格を取得して独立して働くという事も出来るようになりますから、このIFAを取得する意味は大きなものがあると考えていいでしょう。
IFAは単に助言にとどまらず、顧客の為に売買の仲介をするような事も出来ますから、その仕事の範囲は広がる事にもなります。証券会社に属するわけでは在りませんから、紹介する金融商品が制約されるという事もありませんので、顧客の立場に立った状態での提言が出来る事になります。企業に属しているような場合はどうしても顧客優先というよりも企業の意向が優先されるのが一般的。そうなると顧客の立場に立つという事が難しくなりますから、自分の本当にすすめたいモノがすすめられるのが、IFAの魅力の一つという事が言えるのかもしれません。