独立系フィナンシャルアドバイザー「IFA」とは?

IFAとして働くための心構え

IFAとして働くための心構え 銀行や証券会社とIFAの最たる違いは立場です。
独立した立場から、お客様の資産運用のニーズに応える責任があります。顧客の一人一人、生活状況はまるで違います。長期的な視野を持つ必要性から、その一人一人に対して寄り添うという心構えが必要です。IFAで働くという事は、それ即ち経済の建て直しを担っているといえます。また年齢層の全く異なるお客様に対して、どのようなアドバイスをしていくかという部分は経験値が物を言う部分です。仮にIFAとして働いていなくとも、独立独歩で顧客をつけるくらいのスキルは必要でしょうね。IFAの関係者が税理士や、お金の部分に精通した人が多いのは経済全体を把握する力が必要だからです。全体を把握しなければ、ニーズを把握する事ができないのです。よって働く動機にしても、個人的なものよりも経済の[還元]や[循環]に協力したいと言う人の方がしっくりきますね。日本経済の未来を担う存在として期待したい仕事です。

IFAの資格を取得すれば、外国で働くことも考えられる

IFAの資格を取得すれば、外国で働くことも考えられる IFAの資格を取得すれば、その価値は高いものがあるので、外国で働くことも考えることが出来るようにもなります。むしろ、日本よりも海外の方が、この資格の価値を高く評価される傾向があると言っても良いかもしれません。というのは、海外ではこのIFAの資格は弁護士や税理士と並ぶぐらいの評価をされていて、極めて重要な仕事をすると認識されているという事があるからです。日本ではまだまだ知られていないという事もあるのですが、それは日本人があまり投資や資産運用についての認識が無いからという事が言えるのかもしれません。
ですから、このIFAになったのであれば、外国でその腕をふるうという事を考えても良いかもしれません。その方が高く評価されることも考えられますし、海外で実績を作って、その成果を元にして、日本に戻ってきて仕事をするという事を考えてもいいでしょう。海外で高い評価が受けられるという事になれば、その方がこの資格の価値を有効に利用できるという事になるとも考えられます。