独立系フィナンシャルアドバイザー「IFA」とは?

IFAに投資の相談

IFAに投資の相談 IFAという職業が注目を集めています。IFAとは、Independent Financial Advisorの略で、日本語では「独立系ファイナンシャル・アドバイザー」などと呼ばれることがあります。証券会社などから離れて顧客に対する投資関連のアドバイスをすることを生業としている職種です。証券会社などからの独立をしているという点で、利害関係から解放された立場でアドバイスをくれるので、客観的な視点での投資・運用の指導ができる点が魅力です。
現在、IFAとして営業活動をしている団体は、全国的に見てもそれほど多くないですが、徐々に増えてきている傾向が見られます。ネットで検索をすると、地域ごとのIFA業者を見つけることができます。すでに十分なアドバイスをしてきた実績を持つ業者も出てきているので、これから資産運用をしようかと考えている方、家計を総合的に見直そうと考えている方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

老後の準備の相談にも向いている中立的な立場のIFA

老後の準備の相談にも向いている中立的な立場のIFA IFAは独立系のファイナンシャルアドバイザーのことで、銀行や証券会社で働いていた人が独立し、特定の企業側の立場ではなく、中立的な立場からどのように資産運用をすればいいかを顧客にアドバイスする仕事です。
IFAは、金融商品仲介業者として内閣総理大臣の登録を行い、証券会社等と業務委託契約を結んで株式や投資信託などを扱います。複数の証券会社と契約を結ぶ場合もあり、ノルマを課せられることはありません。銀行などの金融機関と違い、IFAには転勤等はないので老後の準備に等で長期の運用の相談がしたい場合、長く付き合っていけるというメリットがあります。特定の証券会社と契約していてもノルマ等はないため、顧客の立場を考えながら金融商品を選ぶことができます。デメリットは手数料が高くなってしまう場合がありますが、様々な金融商品を熟知している専門家のアドバイスへの対価と考える人も多く、デメリットよりもメリットの方があると考える人もいるようです。