独立系フィナンシャルアドバイザー「IFA」とは?

IFAとして働く強み

IFAとして働く強み 特定の金融機関に所属をしないで独立・中立の立場で顧客に最も適した資産運用のサポートを行うプロフェッショナルがIFAです。
IFAで働く強みには、それぞれの金融機関においてお客様に最も都合の良い業務運営をすると言っていますがやはり優先的に勧めるのは自社の商品でありましたがそのようなことを考えることなく仕事をすすめて行けることにあります。
IFAは特定の金融機関の利益を優先することではなく、顧客本位を考えて金融商品をすすめて行けるのです。
独立系金融アドバイザーのIFAは提携する複数の金融機関の商品の中から顧客にとって最も有利となる商品を提案していけるのが最大の強みになっています。
これまでは金融取引をする際には多くの人に知られている金融機関を選ぶ傾向にありましたが、現在のネット証券などが広く普及してきている今は従来のような証券会社などの営業の人に相談することなく気軽に投資が行えるようになってきました。
その時にプロとしての的確なアドバイスや売買仲介までしてくれるような存在は必要不可欠になってきているのです。

「IFA」として働くためには経験が必要?

「IFA」として働くためには経験が必要? 今話題の職業である「IFA」は「Independent Financial Advisor」の略で独立系ファイナンシャル・アドバイザーと呼ばれる存在です。
その最大の特徴は、特定の金融機関に属することなく個、つまり独立した立場から顧客の資産運用のサポートを行う点にあります。
日本で「IFA」として働くにあたり特に何か経験が必要ということはありません。
基本的に内閣総理大臣の登録を受けて証券会社と業務委託契約を結んだうえで株や債券、投資信託などの売買の仲介を行う金融商品仲介業者に属する外務員という立場として働くことになるためです。
ゆえに営業マンとは違うのです。
そのため、なることはできるものの基本的に「IFA」の仕事を得るためには長年運用関係の経験をした人が基本です。
日本ではまだその知名度は低いため数千人ほどしか存在しない状態ですが米国ではすでに当たり前の存在です。
今後その需要はますます高まっていくことでしょう。